英語のto不定詞をマスター!その用法はたったの3つ。

[to+動詞の原形] の形はto不定詞と呼ばれています。
この形になることで、名詞・形容詞・副詞と様々な文章構造になり替わることができて不定なので不定詞、ということです。
形は同じなのにその用法は様々なので学習者を混乱させやすい文法の一つと言えます。

  • 「不定詞のルールが良く分からない」
  • 「不定詞の使い方をマスターしたい」

という方向けにここでは、不定詞の主な使い方を3つご紹介していきます。

エイゴスキー
エイゴスキー
ちょっと混乱する文法だけどかなりよく使われる文法だからぜひ早めにマスターしてしまおう!

不定詞を名詞として使う

不定詞を名詞として扱うため、「不定詞の名詞的用法」と言われます
名詞とはものごとの名前全般を意味する品詞です。
「~すること」と訳されます。

例:run(動詞)  to run(名詞)

主語として使う場合:

To speak English(S) is(V) difficult(C).
(英語を話す事は難しい)
ただし、主語として使う場合は同じ役割を果たす動名詞の方がより頻繁に使われる。
例:Speaking English

目的語として使う場合:

I(S) started(V)  to learn English(O).
(英語を学ぶことを始めた)

補語として使う場合:

My dream(S) is(V) to have a house of my own(C).
(自分の家を持つことが夢です)

いずれも、

  • to speak 「話すこと」
  • to learn 「学ぶこと」
  • to have「持つこと」

と動詞の意味を含むものの、文の中では名詞(の塊の一部)の形をとっています。

エイゴスキー
エイゴスキー
ちなみに既に書いてある「動名詞」という文法も同じ役割を果たすから違いを把握しておこう!

【動名詞】基本ルール&使い方を分かりやすくシンプルに解説!

不定詞を形容詞として使う

不定詞を形容詞として使うため「不定詞の形容詞的用法」と言われます
形容詞とは名詞を修飾する品詞のことです。
「~するための」と訳されます。

・I have many things to do.
(たくさんやる(ための)ことがある)

to doがthings(物事)という名詞を修飾しています。

・I have something to tell you.
(あなたに伝える(ための)ことがある)

to tellがsomething(何か)という名詞を修飾しています。

形容は通常、名詞の前に置いて名詞を修飾しますが、不定詞の形容詞的用法は名詞の後ろから修飾することがほとんどです。

不定詞を副詞として使う

不定詞を副詞として扱うため「不定詞の副詞的用法」と言われます
副詞とは、動詞・形容詞、時には副詞自身も修飾したり情報を付けたす品詞のことです。
「~するために」「~して」などと訳されます。

不定詞が副詞の働きをすると、こんな感じになります。

・I am glad to see you.
(あなたに会えて嬉しい)

to see がgladという形容詞を修飾しています。
I am gladだけで文章を終わらせることもできますが、to see youを付け加えることでなぜgladなのかと内容をより詳しくできるのです。

・ This morning, I got up early to take the bus.
(今朝、バスに乗るために早く起きた)

to takeがgot up(句動詞)を修飾して、起きる理由を詳しく述べています。

否定形にしたい場合はtoの前にnotを入れる

例えば「~しないこと」と言いたい場合、notをどこに持ってくるべきでしょうか?
以下の二つの例文を見てみましょう。

I did not tell you to do that.

did not tellはtellを否定しているので、「あなたにそれをやってとは伝えなかった。」という意味になります。

I told you not to do that.

not to doは to doを否定しているので、「あなたにそれをやらないでと伝えた。」という意味になります。

いかがでしょうか?上記の二つはnotの位置が違うだけですが、意味が全く違います。
仮にこれが

I did not tell you not to do that.

の場合であれば、「あなたにそれをやらないでとは伝えなかった。」という意味になります。

そしてよく間違えやすいのが not to do を to not do の順番で書いてしまう事です。
to not doと書く場合もなくはないですが…

  • not to doと書いた→いつでも正解、to not doと書くべきところで書いても問題はない
  • to not doと書いた→書くべき場面がかなり限定されており、ほとんどの場合正確ではない

よって、to不定詞の否定形=not to doと覚えれば間違いはないということです。

英語の不定詞の三つの用法をマスター!まとめ

不定詞はその汎用性の高さからあらゆる場面でとてもよく使われる文法です。
たくさん英文に触れることでその使い方にも慣れていけるかと思います。

そうするとわざわざ「これは名詞的用法、これは形容詞的用法」と考えなくても自然に使いこなせるようになるでしょう。
動名詞を紹介している記事で不定詞への書き換えもご紹介しているので、併せて参考にしてみてください。

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です