【英語読解が苦手な方向け】今すぐ実践できる長文が読みやすくなる4つのコツ

英語の長文読解は大学入試でも、検定等のリーディングパートでも欠かせませんよね。

  • 「文法や単語はしっかり頭に入っているのに、長文問題にすごい時間がかかってしまう」
  • 「長文問題になった途端質問の意味が分からなくなったり、回答を見つけられなくなる」

なんて悩みを抱えている方は少なくないはずです。
もしかすると、なんとなく読み始めてはいませんか?
ここでは、英語の長文読解がぐっと楽になる4つのコツについてご紹介していきます。

エイゴスキー
エイゴスキー
ちょっとしたコツを掴むと長文問題を解きやすくなるよ!

コツその①:まずは問題の質問から読もう!

最初に長文読んでいませんか?
これをしてしまうと、最初から最後まで読み進める必要がある上に問題の質問を読んでいるうちに内容を忘れてまた読み返すなんてこともあるでしょう。

これから読む文章を何の予備知識もないまま読み進めるのはあまり効率的でない上に精神的にも辛いです。
出題されている問題の質問先に読むことで、事前に

  • どんなテーマに関する文章なのか
  • 文章内で何を探せと言われているのか

が事前にわかるので、その文章を読む心構えができ、読んでる最中に不要と判断した文章はサッと流し読みができて時短にもなります。

こうしたなるべく読む文章、回数を最小限に抑えることは長文読解を攻略するひとつのコツになります。

エイゴスキー
エイゴスキー
何事も効率を意識した方がいいよね!

コツその②英語のままイメージして読み進めよう

英語を日本語変換して読んでいると、どうしても変換にかかる時間が可算されてしまいますよね。
そのため、英語のままで頭の中で直接イメージできるようになるのが一番好ましいです。
この技を習得するためには、単語を覚える際のイメージトレーニングが大切です。

例えば、”heavy”という単語ですが、辞書を引くと、重い・大きい・激しい・重大なといった様々な日本語の意味が出てきます。
これを1つずつ覚えるのは大変です。

こういう時に「どっしりとした大変そうなイメージ」で覚えてしまうと文章内で見た時も頭の中でイメージが瞬時に想像できるので時間がかかりません。
こうすることで、日本語にあてはめなくてもするっと英語だけでイメージが引き出せるようになってきます。

また、この単語の覚え方を助けてくれるものに「Google画像検索」があります。
いまいちイメージを掴めない単語を画像検索で検索してみるとそれに関連する写真や画像がたくさん出てきて、その単語をイメージで覚える手助けをしてくれます。

エイゴスキー
エイゴスキー
早く読むためには日本語を挟んでる時間なんてないからできるだけ早めにこのトレーニングは始めよう!

コツその③英語の文章は結論が先に来ることを意識する

英語の文構造は日本と違い、せっかちです。
結論が文章の文頭にきます。
結論→具体の順になるので、最初のつかみが大切

結論=抽象的な書き方になっていることも多いですが、続く文章でしっかりと具体例を挙げて説明されているので、不安になる心配はありません。
文章の構成をある程度理解できてると必要なキーワードがどこにあるのか予想するのに役立ちます。

コツその④重要なディスコースマーカーをチェック

長文読解で読む文章の多くは「文の型」に沿って書かれています。
この型の目印となるのがディスコースマーカーです。
文と文のつなぎや、関連性を示してくれる単語や句となります。

例えば文と文のつながりを示す言葉で「for example」「moreover」「however」などの「ディスコースマーカー」が出てきたら重要な文章が続く目印です。
とくに、

  • But, However, Nevertheless「しかし」
  • Although「〜だけど」
  • On the other hand「一方で」

といった「逆接のディスコースマーカー」が使われている場合、そのあとに著者の主張がくることが多いので必ず印をつけましょう。
印をつけておくことで、あとで読み直した際に重要な箇所がわかりやすくなります。

その他にも「譲歩」のディスコースマーカー

  • even though「~だが、~だとしても」
  • while「~だが」
  • in spite of~ = despite ~「~だが」

「対比 」のディスコースマーカー

  • while「一方で」
  • the former ~ the latter …「前者は~後者は~」
  • on the other hand「それに対して」

などたくさんの種類のディスコースマーカーが存在するのでこうした重要なキーワードを事前に把握しておくことも長文読解を効率的に進められるコツとなります。

エイゴスキー
エイゴスキー
こうした単語は文章に頻繁に出てくるからぜひマスターしよう!

【英語読解が苦手な方向け】今すぐ実践できる長文が読みやすくなる4つのコツまとめ

英文読解が苦手な方に知ってほしい長文が読みやすくなるための4つのコツをご紹介しました。
上記のポイントを取り入れた読解をすることで、読解時間の短縮・理解度アップにつながるでしょう。

はじめは面倒に感じてしまうかもしれませんが、慣れれば必ず「身に着けておいてよかった」と思える結果になるはずです。
長文読解の際には、ぜひ実践してみてください。

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です