学校では習わないネイティブが使うかっこいい&便利な表現6選

現地で暮らしてみると「こんな表現学校では習わなかった!」「知ってたら便利なのに」という表現にたくさん出会います。
日本で暮らしていても

  • 「ネイティブが使うようなかっこいい英会話のフレーズを覚えたい」
  • 「海外ドラマを見ているけど、学校では習わない表現ばかりでよく分からない」

などと思っている方も少なくないでしょう。
そんな方のために今回はネイティブが使うかっこいい&便利な英会話のフレーズや表現を厳選して紹介します。

エイゴスキー
エイゴスキー
どうせ英語覚えるならネイティブも使うような表現を覚えたいよね!

ネイティブが使う英会話のフレーズは教科書に載っていない

日本で習う学校英語や試験対策で勉強するような英語ではネイティブが普段使っている英会話のフレーズや表現があまり多くありません。
学校英語のフレーズ自体は間違っていませんが、カジュアルに使うにはやや硬い印象のものが多いです。

ネイティブと話す時に少しでも自然な言い回しをしたいならネイティブが使うような表現を覚える必要がありますよね。

そういった表現はネイティブ同士が会話するのを見て学ぶ、もしくは実際にネイティブと会話していく中で学ぶのが一番です。
例えば映画やドラマ、YouTubeなどでも学べるでしょう。

ここではいきなりドラマなどを見て学ぶのはハードルが高い、話すのは恥ずかしいという人の為にすぐに使えるネイティブ表現をいくつか紹介していきたいと思います。

ネイティブが使うかっこいい&便利な表現3選

それではネイティブが使うかっこいい&便利な英会話のフレーズを見ていきましょう。

How’s it going?
(調子どう?)

直訳すると「どう進んでる?」ですが、「調子どう?」「やっほー」などの軽いあいさつの意味でよく使われます。

How are you?は家族や友人、初めてあった人、会社の同僚や上司など幅広い相手に使えますが、How’s it going?はカジュアルな関係の人に使いましょう
What’s up?も同様です。

エイゴスキー
エイゴスキー
海外にいくとフレンドリーな人は初対面でもHow’s it going? って言ってくれたりするけどね!
Got it.
(OKだよ)

直訳すると「得た」ですが、「OKだよ」や「了解」などの意味でよく使われます。
相手が何か説明をした時や、お願いごとをされた時の返答として使いましょう。

You know, ~.
(~じゃん?)

文の最初にYou knowを付けると、「~じゃん?」「覚えてる?」などの意味を表します。

【例】You know, she divorced him last month.
(ほら、彼女は先月離婚したじゃん?)

また文の途中に挿入することで、「えーっと」「ほら、なんだっけ」などのつなぎの役割も果たします。

【例】I went to a nice restaurant last week. The name was…you know…I’ve forgotten it.
(先週素敵なレストランに行ったんだ。店名がね、、、えーっと、忘れちゃった)
So what?
(だからどうしたの?)

So whatは「だからどうしたの?」「それが何だっていうの?」など、相手の話しに意味はないことを伝えたい時に使えるフレーズです。

A: I’m sorry but everyone says your idea is obsolete.
(言いにくいんだけど、みんなが君のアイデアは時代遅れだって言ってるんだ)

B: So what? It makes no difference to me.
(だからどうしたの?そんなこと、私にはとるに足らないことだわ)

I see.
(なるほどね)

seeという動詞が「見える」という意味をもつというのは誰でもご存知かと思いますが、実はI see.だけで「なるほど」という意味にもなります。
相手の言ってることが分かって、I understand.(理解した)と言ってしまいがちですが、それだと少し堅い表現になってしまいます

I’m sure./ I’m not sure.
(確信している・よく分からない)

sureという単語はネイティブの間でかなりよく使われています。
その内の二つが上記の表現です。
I’m sure.は自分はそうだと確信していることに対して使えます。

【例】I’m sure (that) Adam is still in his office right now.
(アダムはまだオフィスにいるはずだよ)

それに対してI’m not sure.は自分が自信ないことに使えます。
多くの日本人は自分がよく分からないことに対してI don’t know.と言いがちですが、代わりにI’m not sure.を使うとよりネイティブに近い表現になります

エイゴスキー
エイゴスキー
どれも日常会話ではとてもよく使うのになぜか学校じゃあまり習わないよね

学校では習わないネイティブが使うかっこいい&便利な表現6選まとめ

ネイティブスピーカーが普段よく使用する英会話フレーズや表現は学校ではあまり学べません。
しかし、ネイティブと話す時に少しでも自然な言い回しをしたいならネイティブが使うような表現を覚える必要がありますよね。

学ぶ方法は

  • ネイティブ同士の会話を見て学ぶ
  • ネイティブと会話する中で学ぶ

などがあります。
今回紹介した記事も参考にして、より自然で使えるフレーズや表現のストックをぜひ増やしてください。

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です