【関係代名詞】先行詞が人以外の場合とthatが使われるパターン

まずこの記事で出てくる重要な英文法用語について軽くおさらいしておきましょう。

関係代名詞➡名詞などの後ろにつけてその名詞などを説明する時の代名詞と接続詞の役割を同時に果たす。

先行詞➡関係代名詞の説明する元の単語や句。

関係代名詞は先行詞が人の場合と物や動物などの場合とで、使用される語が変わります。

  • 「先行詞が人以外の場合はどのように語を使い分ければいいのかな?」
  • 「thatも使われるみたいだけど、whichとの違いを知りたい」

などといった疑問を持ってる方向けに今回は関係代名詞で先行詞が人以外の場合の用法と、thatが特に用いられるパターンについて解説します。

エイゴスキー
エイゴスキー
which/thatどっちでもいいよっていうパターンとここはthatがいいな~っていうパターンがあるよ!

先行詞が人以外の関係代名詞の用法

まずは先行詞が物や動物など、人以外の時に使われる関係代名詞の用法について見ていき
ましょう。

◇主格の用法

先行詞が人以外で関係代名詞が主語の役割をしている場合はwhichまたはthatを使用します。
I went to a shop which(that) opened two weeks ago.
(私は2週間前にオープンした店へ行った。)

分解すると⇩
I went to a shop.
It opened two weeks ago.

先行詞=a shop(人以外のもの)
代名詞=it(主格)

これらを関係代名詞でくっつけると上記の文の出来上がりです。

◇目的格の用法

先行詞が人以外で関係代名詞が目的語の役割をしている場合もwhichまたはthatを使用します。
These are the shoes which(that) I have wanted for a long time.
(これは私がほしかった靴です。)

分解すると⇩
These are the shoes.
I have wanted them for a long time.

先行詞=the shoes
代名詞=them(目的格)

また、目的格のwhichやthatは省略可能です。
This is the shop I have wanted to go to for a long time.

エイゴスキー
エイゴスキー
名詞の後ろに何もなくてまた主語(Iやyou)が来てる場合は隠れてるんじゃないかと疑わなきゃ!

◇所有格の用法

先行詞が人以外で関係代名詞が所有格の役割をしている場合はwhoseを使用します。
The house whose door is green is mine.
(ドアが緑の家は私のです。)

分解すると⇩
The house is mine.
Its door is green.

先行詞=the house
代名詞=its(所有格)

thatが特に用いられる場合

主格と目的格ではwhichの代わりにthatを用いることが可能です。
しかし特に以下の場合は、whichよりもthatが好んで用いられます。

◇先行詞に限定の意味が付属している場合

先行詞に最上級やbest、very、all、every、first、onlyなどの限定の意味を表す語が付属しているとthatが好まれます。
This is the best movie (that) I have ever seen.
(これは私が今まで見た中で一番良い映画です。)

分解すると⇩
This is the best movie.
I have ever seen it.

先行詞=the best movie
代名詞=it

◇先行詞が人と人以外の物の2つ以上になっている場合

先行詞が人と人以外の物や動物などの2つ以上のものになっている場合にもthatが用いられます。
The shop and its owner that were introduced in a magazine are there.
(雑誌で紹介されたそのお店とオーナーはあそこです。)

分解すると⇩
The shop and its owner are there.
They were introduced in a magazine.

先行詞=the shop and its owner
代名詞=they

◇疑問詞のwhoやwhichが先行詞となっている場合

疑問詞のwhoやwhichが先行詞となっている場合も、thatが好まれます。
Who here that knows him believes that story?
(彼を知っている人で誰がその話を信じるだろうか?)

分解すると⇩
Who here believes that story?
Who knows him.

先行詞=who here
代名詞=who

Which item that is in this box is the best?
(この箱に入っているものの中でどれが一番良いかな?)

分解すると⇩
Which is the best?
Which item in this box.

先行詞=which item
代名詞=which

エイゴスキー
エイゴスキー
ここまでくるとちょっとややこしいかもね

先行詞が人以外の場合の関係代名詞の用法まとめ

関係代名詞は先行詞が人か、人以外かによって使用される語が異なります。
先行詞が人以外の場合だと

  • 主格➡whichかthat
  • 目的格➡whichかthat
  • 所有格➡whose

を使用します。

先行詞に限定の意味が付属している場合
人と人以外のもの2つ以上の場合
疑問詞のwhoやwhichが先行詞となっている場合

はwhichよりもthatが好んで使用されるのが特徴です。
その関係代名詞の代名詞は何を表しているのか、主格・目的格などのポジションはどこなのか考えると分かりすいのではないでしょうか。

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です