ネイティブがよく使う、自然でかっこいい英会話 フレーズ8 選

「あなたの趣味はなんですか?」と聞きたい時に“What is your hobby?”といったフレーズが思い浮かぶかもしれません。
でも実際にはhobby=特殊な何かで、実際にはこういった質問はせず

“What do you do in your free time?”

と質問するのが自然です。
こういった間違いではないけれど、より自然な頻出の英会話フレーズについて今回はご紹介していきたいと思います。

  • 「どうせ使うならネイティブも使うような自然な英語を知りたい」
  • 「今まで習ってきた表現は自然なのか不安」

などと思ってる方は必見です!

エイゴスキー
エイゴスキー
日本でイメージする英語と実際にネイティブに使われてる英語はわりと違ったりするんだよね

~に所属しています、~で働いています(自己紹介などの時に)

日本語では「~部署に所属している」となることからbelong to~といった表現が浮かびますが、belong to以下に所有されている・コントロールされているといった意味合いが強いです。
特殊なシーンでしか使われません。

“I work for ○○ company.”
“I am a member of ○○ team.”

といった、言い方が自然です。

恋人がいるかどうかを問う表現

“Do you have a boyfriend/girlfriend?”

間違いではありませんが、よりカジュアルで自然な表現にするのであれば、

“Are you seeing anyone?”

日本でいう、「(定期的にあっている人)付き合っている人いるの?」という自然な聞き方になります。

逆に聞かれた場合は、

“I’ve been seeing him for 〇 years.” (期間)
“We’ve been together for 〇 years.”

などと答えるのが自然です。

エイゴスキー
エイゴスキー
seeという単語は見えるという意味を持つ一方で、誰かと付き合うという意味も持ってるんだね

なぜアメリカに来たの?

“What brought you here(to USA)?”

“Why did you come to~?” といった文章だと、「なんで、どうして?」と問い詰めるような印象になってしまうため、「何があなたをここに引き寄せたの?連れてきたの?」といったニュアンスで聞くことでやんわりと理由を尋ねることができます。
初対面の時などにかなり使えるフレーズです。

ただし、これは相手が明らかにその国出身じゃないと確信できる場合のみ使いましょう
その国出身なのにこういう質問をされて失礼に感じる方も一定数いるようです。

エイゴスキー
エイゴスキー
見た目はそうじゃなくても生まれがその国でネイティブの可能性もあるから気を付けなきゃね

調子はどう?

“How are you ?”も間違いではありません。
よりカジュアルで、ネイティブに好んで使う表現であれば“What’s up?”という言い方もあります。
「よっ!」「おっす!」といったような掛け声としても使われることが多いです。
その他にも自然な表現として

“How’s it going?”
“What are you up to?”

などもありますね。

挨拶については以下の記事でも紹介しているので参考にしていただけたら幸いです。

【日常英会話】挨拶時に使う頻出フレーズをシーン別に一挙紹介

じゃあね!またね

“See you” という表現も勿論ありがですが、よりネイティブっぽいフレーズにするのであれば

“Alright then,”
“Ok then,”
“Take care.”
“see you later.”
“Catch you later!”

などが良く使われます。

エイゴスキー
エイゴスキー
サラっといえるとカッコ良いかも?!

お先にどうぞ

カウンターで並んでいる時、ふとぶつかりそうになった時など、これが言えるとかっこいいのに非常に簡単なフレーズです。

“After you”

よりカジュアルな言い方だと

“Go ahead ”(お先にどうぞ)

といった表現も使えます。

だれかを励ましたい時に使える表現

“Hang in there”

相手を鼓舞する表現なので、命令形で使われます。

Hang=何かにしがみつくイメージから派生して、いろいろな前置詞とくっついて使われることが多いです。

  • Hang on
    ちょっと待つ。
  • Hang out
    (誰かと一緒に)外出する。
  • Hang up
    電話を切る

落ち着いて・リラックスして・気楽にね

“Calm down”とよく似ていますが、よりカジュアルに表現するなら

“Chill out.”
“Take it easy.”

といった表現が使えます。

例:Why are you so nervous? Just chill out. (Take it easy.)

ちなみにnervous(ナーバス)は日本語だと神経質といった意味になりますが、英語では緊張するという意味になります。
どちらも心情を表しているので似ていますが若干言葉のイメージが異なりますね。

ネイティブがよく使う、自然でかっこいい英会話 フレーズ8 選まとめ

面白い!使ってみたいと思えた英会話フレーズはあったでしょうか?
ネイティブが使うような表現というのは日本で勉強してると意外と分からないものですよね。
これを機にいくつか覚えてみて、外国人の友達相手に使ってみましょう!

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です