無生物主語を使う理由!用法と上手に訳すポイントを合わせて解説

  • 「主語が人以外の無生物になる意味が分からない」
  • 「無生物主語の英文は、どのように日本語に訳せば良いのかな?」

などと思っている人は少なくないはずです。

まず、無生物主語とはなんなのかをおさらいしておきましょう。
無生物主語とは、その名の通り、主語が無生物であるもののことです。

例でいうと、
The heavy rain prevented me from going out yesterday.
のThe heavy rainは主語であり、生物じゃないですよね。

これが無生物主語です。

エイゴスキー
エイゴスキー
直訳したら昨日、強い雨が私の外出を妨げた。になっちゃって変な感じだね

無生物主語は日本語ではほとんど使われないため、日本人にとって理解しにくい文法項目の一つです。
今回は無生物主語を使用する意味や具体的な用法、そして日本語に訳す際のポイントについて紹介します。

無生物主語は英文をスッキリさせてくれる

無生物主語を使うと意味的には同じでも、英文を短くスッキリさせる効果があります。

例えば「激しく雨が降っていたので、昨日は外出できなかった」と言いたい場合、直訳すると
I could not go out yesterday because it was raining heavily.
と、2文節となりますよね。

しかし無生物主語を使って訳すと、
The heavy rain prevented me from going out yesterday.
と、1文節で作れます。

2文節よりも1文節の方が短くスッキリとしているため、ネイティブスピーカーは良く無生物主語を使って表現するのです。

エイゴスキー
エイゴスキー
より短い文で伝わるならそのほうがいいよね!

無生物主語の主な用法

無生物主語の主な用法は次の通りです。

◇原因や理由を表す
「なぜなら」「~のせいで」といった、原因や理由を表す用法です。

An intense headache kept me from going to school.
(頭痛がひどかったので、私は学校へ行けなかった)
His silly attitude always makes me laugh.
(私は彼のバカな振る舞いに、いつも笑ってしまう)

◇条件や手段、方法を表す
「~をすれば」「~によって」など、条件や手段、方法を表す用法です。

A ten-minute walk will take you to the shopping mall.
(徒歩10分でショッピングモールに着きますよ)
The internet enabled us to communicate with each other easily.
(インターネットのおかげで、私たちは簡単にコミュニケーションが取れるようになった)

◇時間を表す
「~経てば」「~になると」など、時間を表す用法です。

Five more years will make you understand about this world.
(あと5年経てば、この世界のことを理解できるようになるよ)
A few days more will make me forget about my boyfriend.
(彼のことを忘れるには、あと数日必要だわ)

無生物主語を日本語に訳す際のポイント

無生物主語を直訳で日本語にすると、不自然になってしまいます
日本語に訳す際のポイントを見ていきましょう。

◇主語を副詞的に訳す
「~のせいで」「~のおかげで」など、主語と副詞的に訳してみましょう。

The heavy storm made us call off the picnic.
(激しい嵐のせいで、私たちはピクニックをキャンセルした)
The fundamental restructuring saved his company.
(抜本的な再編のおかげで、彼の会社は救われた)

◇人を主語のように訳す
目的語になる人を、主語にして訳してみましょう。

This picture reminds me of my school days.
(私はこの写真を見ると、学生時代を思い出す)
What brought you here?
(あなたはどうして、ここへ来たの?)

無生物主語で使う動詞に迷ったら

無生物主語にはある程度一緒に使いやすい主語が決まっています
ほとんどは基礎動詞で表現可能なのでその使い方をいくつかご紹介します。

◇その無生物主語のせいで何かを妨げられた場合
keep 人 from doingが使えます。

例:A stomach ache kept me from eating delicious food.
(腹痛のせいで美味しい食べ物を食べられなかった(食べるのを妨げられた))

◇その無生物主語が理由で何かリアクションをとった場合
make 人 (リアクションの単語)が使えます。

例:The news made me surprised.
(そのニュースは私を驚かせた(驚くリアクションをとらされた))

エイゴスキー
エイゴスキー
ちなみにThe news surprised me.でもOKだよ!

◇その無生物主語がどこかに連れて行ってくれる場合
take, bring

例:That train will take you to the center of the city.
(あの電車で街の中心までいけますよ)

無生物主語を使う理由!用法と上手に訳すポイントを合わせて解説まとめ

無生物主語は日本人には馴染みが少ないですが、ネイティブスピーカーは良く使う文法項目です。
無生物主語がよく使われる理由は英文がスッキリとシンプルになり、短い文で言いたい事が伝わるからです。

日本人にとっては馴染みがないので慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、慣れれば便利な文の形の一つです。
注意するポイントとして、日本語に訳す際は主語を副詞的にする、そして人を主語にすると分かりやすいです。

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です