【英単語の暗記が苦手な方へ】効果的な学習法3選

大学受験で最も重要な科目と言っても過言ではないのが英語です。ほとんどの大学で受験科目として設定されており、英語の良し悪しで結果が左右されます。

  • 「英単語と熟語をどうしても覚えられない」
  • 「どうすれば効率的に暗記することができるのかな?」

なんて悩みをを抱えてはいませんか?

英単語と熟語を身につけるためには、効果的な学習法を取らなければいけません。
今回は英単語と熟語を効率的に身につけるための学習法を3つ紹介します。
今日からすぐに始められるものばかりなので、すぐに実践ができますよ。

エイゴスキー
エイゴスキー
語彙を増やすのは英語でかなり重要だからね!

単語帳は気に入ったものを選べばOK

単語をたくさん暗記するには単語帳を使うのが一番効率的なのでまずは単語帳の選び方からご紹介していきます。
一つの単語や熟語に対して一つの例文が付いているもの、一つの例文中に複数の単語や熟語が入っているものなど種類は様々です。

結論から述べると、自分が使いやすいものを選ぶのが一番です。
一つの例文に一つの単語や熟語の場合は、じっくりと一つずつ覚えることができます。
一方で一つの例文に複数の単語や熟語が入っている場合は、効率的にたくさんの語を覚えることができます。

相性は人それぞれなので、書店等で実際に手に取って数ページ読んでみましょう。「これなら読みやすそうだ」と気に入ったものを1冊決めて、取り組んでください。

ただし、ジャンルも何でも良いという訳ではありません
単語というのは限りなく無数にあり、それらをすべて覚えるのは不可能です。
その為、目的や英語を使う用途に合わせて覚える単語は絞り込んでいかなければいけません

例えば、難関大学の受験で重要な単語は日常英会話でまったく使わなかったりします。
難関大学ならその過去問から割り出した頻出単語帳、TOEICならその対策用の単語帳が一番本番で効果を発揮してくれるでしょう。

エイゴスキー
エイゴスキー
たまに試験系の英語と日常会話を同時に成長させたい人いるけど、絞り込まないとどっちも中途半端になっちゃうよ!

サイクル法で単語帳を回していく

おすすめの単語帳の使い方が、サイクル法で回していくことです。
「1日10単語」と決めて10単語に集中して取り組むのではなく、「1日100~150単語」を流し読みしていきます。
「毎日100単語なんて覚えられない!」と反論がありそうですが、覚えられなくても大丈夫です。

「destruction→破壊、destruction→破壊、environment→環境、environment→環境」といった様に、テンポ良く進めていきます。
これを数週繰り返していく内に、覚える単語の数が自然と増えていきます。

一日10語と決めてしっかり時間をかけて7日毎日勉強しても70語になりますよね。
しかし、7日経つ頃には1~3日目に勉強した単語はほぼ忘れているので最終的に覚えられるのは20~30語だと思います。
人間の記憶というのはそういう風に出来ています。

エイゴスキー
エイゴスキー
何で神様は一回で覚えられるように人間を作ってくれなかったんだろう!

それに対して、一日70単語を7日間繰り返すと、全部を覚えるのは無理かもしれませんが、7日間も毎日同じ単語を復習すれば40~50は覚えられると思います。
そう考えると後者の方が圧倒的に効率的じゃないですか?

ある程度覚えたらまだ覚えていない単語と熟語にチェックを入れて、それらを重点的に復習する期間を設けると記憶定着率はさらに上がります。

類義語と対義語を覚えて単語数を増やしていく

サイクル法を使って見出し語を一通り覚えることができたら、次に類義語と対義語に取り組みましょう。
一つひとつの見出し語ごとに類義語と対義語が掲載されているので、見出し語の輪を広げるような感覚で覚えていきます。
一度覚えた語に対して関連付けて覚えられるので、その単語を思い出す要素が増えます

これは類義語や対義語だけでなく、品詞においても使える勉強法です。
例えば、exciteは動詞でその形容詞はexciting, excitedがあり、名詞になるとexcitementになるという風に覚えると一気に4単語とその意味を覚えられることになります。

これをまったく関連性のない単語4つだと記憶するのにかかる労力は倍以上です。

 

【英単語の暗記が苦手な方へ】効果的な学習法3選まとめ

英単語や熟語を覚える効率をよくするアイテムとして英単語帳がありますが、その選び方は自分に合った使いやすいものでOKです。
ただし、目的のジャンルに特化したものである必要があります。

そして英単語の覚え方は一日10語を7日間よりも100語を7日間同じものを復習する方が最終的に記憶に定着する語数が増えて効率的です。
その際にポイントとなるのは100語全部覚えなくても大丈夫ということです。

また、そのサイクル法に慣れてきたら単語を類義語・反対語、品詞別で関連付けて覚えると記憶定着率が高いです。

上記で紹介した内容を元にたくさん英単語を学習していきましょう!

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です