英語を読むスピードを2倍に!今から実践できる4つのこと

あなたは普段、英文を読むのにどれくらい時間をかけていますか?
読みながら常に日本語に変換してる…なんてことはないですよね。
受験はもちろん、TOEICなどでは、英語を理解しながらも読解のスピードが求められます。

  • 「読むのが遅くていつも試験で全問回答できない」
  • 「英語を読むスピードを理解度を下げずに向上させたい!」

そんなあなたにピッタリの読むスピードが上がる技を3つご紹介していきます。

エイゴスキー
エイゴスキー
リーディングスキルが上がると相乗効果で文法力や語彙力も鍛えられて一石二鳥なんだよ~

その①:構造や単語の基礎を身に着ける

リーディングスキルは文法や語彙力といったベースの上に成り立っているため、ベースが出来ていない状態ではどうしてもスキルアップの効率が悪くなってしまいます
あまりにも知らない単語が頻出すると、焦ってしまい、文章が頭に入ってきません。

そうすると文章への理解度も必然的に下がってきます。
入試やTOEICに出てきやすい単語というのはある程度決まっています。
高校・大学・TOEIC受験に頻出の単語をまとめた単語帳一冊購入し、極めておきましょう。

エイゴスキー
エイゴスキー
日常生活では使わないような難しい単語も覚えなきゃいけないからね!

また、文法や文型といった文の構造を抑えることも大切です。
文法や文型がわからないと、1単語1単語をつなぎ合わせるような読み方になりますが、文法や文型をわかった上で文を読むと、文章の大きな塊が見えてきて、強弱のある読み方ができるようになります。

文法については100%理解してから読み進める必要はありません
文法の7~8割を理解したうえで、文章内で理解できなかった段落やフレーズについて先生や講師に聞いて文法を身に着けていくようにしましょう。

エイゴスキー
エイゴスキー
ベースを作るのは大事だよ!

その②:英語のままで理解する

読解に時間がかかってしまう方の多くは、英語→日本語にして読み進めています
この変換作業により、読むスピードがどうしても遅くなってしまうのです。
読むスピードを一番上げられるのはこれを止めることです。

英語のままで理解する力を身に着けるために、単語や熟語を覚える際はイメージで覚えることをおすすめします。
たとえば、”withdraw”という単語ですが、辞書を見ると引き出す・引き落とす・寄せる・やめさせるなど様々な意味があります。

この意味を日本語で1つずつ覚えずに、「引いて自分の方に寄せるイメージ」で覚えてしまうのです。
そうすると、文章内に”withdraw”が出てきた際に、イメージで文章を読み進めることができますし、意味の大きなずれも発生しません。

とても省エネな読み方ができるようになります。
これはリーディングだけでなく、リスニングやスピーキングにも役立つ覚え方です。

エイゴスキー
エイゴスキー
これが出来ると英語脳というのが身につきやすくなるよ!

その③:短い文章から早く読む練習を行う

短い文章(200~1,000語程度)を、時間を測って読むタイムトレーニングを実践してみましょう
数分という短い時間で集中して読むことで、文の概要を抑えながら速読する力を身につける練習が出来ます。
また、常に時間を気にする事で本番の試験でも時間配分を考えながら問題を解き進めることができるでしょう。

練習には英字新聞でもリーディングの練習ができるアプリやサイトを活用しても構いませんが、オススメなのは『READING FOR SPEED AND FLUENCY』などのTimed Reading専用の教材です。

この練習をするために設計された教材なので練習の効率はよくなります。
大学などの過去問などと比べると内容が簡単で練習になるのか不安になるかもしれませんが、長文に慣れる・短時間で読む練習なので問題ありません。
また、読む際のストレスも少ないので継続しやすいというのも『READING FOR SPEED AND FLUENCY』の利点の一つです。

エイゴスキー
エイゴスキー
どんなスキルを上げるにしても練習は欠かせないよね~

その④:シャドーイングで英語のリズムに慣れる

読解が早い方に共通する点として、発音が良いという点が挙げられます。
例えば、What’s the matter with you.
この短い文章1つにしても、ネイティブに近い発音をされる方は、単語1つ1つを精読せずに、自然と抑揚のあるリズムで文章全体を把握していきます。

ネイティブのリズムに慣れるためには、シャドーイングがおすすめです。
CNNニュース・リスニングなどの教材を役立ててみましょう。
読解スピードが速くなるだけでなく、リスニング力も格段にアップするはずです。

英語を読むスピードを2倍に!今から実践できる4つのことまとめ

英文を読むスピードを上げるのに今すぐ実践できるものとして

  • 構造や単語の基礎を身に着ける
  • 英語のままで理解する
  • 短い文章から早く読む練習を行う
  • シャドーイングで英語のリズムに慣れる

を挙げました。
上記の内容を今後のリーディング練習に取り入れて、読むスピードを二倍にしていきましょう!

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です