英文法を効率的に学ぶ5つのステップ【丸暗記はしません】

英文法を覚える際にあなたはどうやって勉強していますか?
実は、「The+最上級+that+S+have never+過去分詞=~した中で一番」といったように、細かい単位で覚えようとしてもなかなか頭に入ってきませし、応用が利かなくなります。
英文法の学習で何よりも大切なのは、

  • 英文法の意味と構造が日本語の場合ではどういう風に違うのか理解する
  • その英文法を人に説明してみる
  • 自分で例文を作れるようになる

ことです。
これらを実践しているうちに、単語・イディオム・文法・文型・構文を体的に覚えていきます。

「英文法が全然覚えられるようにならない」
「英文法をちゃんと使えるレベルで身につけたい」

などと思っている方向けにここでは、英文法をストレスなく自然と頭にインプットしていく覚え方をご紹介します。

エイゴスキー
エイゴスキー
文法も単語も丸暗記だけでは使いこなせるようにはならないよ!

ステップ1:各英文法ごとに構造のルールを読み理解すること

文章を丸暗記して、その文章に当てはめて応用するという方もいますが、この方法はあまりおすすめできません。
構造を理解していないため、覚えた文章と違う形で出題されれば文法問題の穴埋めなどで簡単に引っかかってしまいます

まずは、各文法ごとに、英文法の内容やルール、説明として記載されていることを1言もらさずに理解します。
この段階では、英文法を覚えようと努力する必要はありません
ただ論理的に文の構造を理解するだけでかまいません。

ステップ2:理解したら2〜3個例文の例文を自分で解説する

文法を理解したら2〜3個、例文をピックアップし、自分で解説していきましょう。
自分で解説するというのは頭の中にあるその文法の知識を整理する必要があり、良い復習になります。
また、自分がその文法に対してどれだけ理解しているのかの確認も出来るので一石二鳥なのです。

練習相手がいなければ独り言でもいいですし、周りにその文法を理解していない友達がいればその方に教えるなどでも良いでしょう。
一番大事なのは、あなたが説明する際にその文法をいかに分かりやすく説明しようか、というあなたの脳内の活動です。
出来るだけ分かりやすさを意識して教えてあげてください。そうすれば自分の脳内にある情報も整理されて記憶も定着しやすくなります。

エイゴスキー
エイゴスキー
多くの英語を教える立場の人が一番勉強になるのは人に教える時だって言ってたよ!

ステップ3:学んだ文法を使って英作文してみる

例文を原型に、自分で言い換えをしてみましょう。
たとえば、
I have just had lunch, so I’ll get back to work.
という現在完了形の文であれば、
I have just finished my homework, so I’ll go to the cinema with my friends.
など、自分が日常的に使いそうな文章に変えてしまうのです。

この練習をするかしないかで今後あなたがその文法を使って文章を作れるかどうかが決まります
ただ論理的に構造を理解できてもこの練習をすっ飛ばすといざ試験などで使おうと思っても上手く文が作れない可能性があります。

エイゴスキー
エイゴスキー
練習大事だよ!読む・理解するだけが勉強じゃないよ!

ステップ4:英文法の問題に取り組む

英文法の問題集を使い(ネクストなど)、その日学んだ文法を論理的・感覚的に脳に叩き込んでいきます。
問題集で確認テストなどをこまめに行う事でテスト慣れに繋がり、試験を受ける際にも動揺せず回答できるようになるでしょう。
ここで大事なのは、間違えた箇所にはマークを付けておき、なぜ間違えたのかしっかりと説明できるようにしておくことです。

ステップ5:1日2文法学習、翌日に見直し+さらに新しい文2つ

人間の頭は復習を繰り返さないと忘れるようにできています
そのため、まずは1~2英文法の構造・ルールを上記の流れで学び、翌日に前日学んだ英文法の内容・確認および、前日に間違えた問題を再度解きなおしてください。
見直しが終わったら新しい文法を1日1〜2程度インプットし、その分の復習を翌日にします。
要するに、一日に学習する文法の数は4つとなりますが、復習はスピーディに終わらせることを意識するとそんなに苦ではないと思われます。

エイゴスキー
エイゴスキー
どうしてもハードだなと感じたら1日1英文法、翌日も1英文法にするといいよ!

英文法すべてを1周したら、また同じように1から英文法の学習をしてみてください。
そうすると、だいたい「この文法項目が苦手だ」というのが分かってくるので、そういった英文法をより重点的に学習するようにしていきましょう

丸暗記しない英文法を効率的に学ぶ5つのステップまとめ

英文法をしっかり身につけるにはその構造・ルールをしっかり自分の頭の中で理解している必要があります。
そのため、丸暗記するという勉強法は向いていません。

しっかり理解するためには

  • 人に学んだ文法の解説をする
  • 自分で例文を作る
  • 問題集をとく
  • 何度も復習する

といったことが欠かせません。
上記で紹介したステップに沿って英文法をしっかり自分のものにしていきましょう!

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です