【ビジネス・プライベート別】「お待たせしました」を英語のメールで表現!

例えば大事な取引先とのメールのやり取りで遅れてしまった場合、あなたはなんと書きますか?

  • お待たせしました。
  • 遅れてしまい申し訳ありません。

などではないでしょうか?
ビジネス・プライベートどちらでも使う機会はあると思います。
ビジネスだととくに相手に失礼のないよう、書き方はフォーマルにする必要がありますよね。

英語のメールではどのように表現すれば良いのか知っていますか?
もしまだ知らないのでぜひこのまま読み進めてください。

今回は「お待たせしました」の意味を英語メールでどのように表現すれば良いのかを、ビジネスとプライベートのシーン別に紹介します。

エイゴスキー
エイゴスキー
相手によってフレーズは使い分けなきゃね!

「お待たせしました」をビジネスの英語メールで表現

まずはビジネスでの英語のメールでの表現方法について紹介していきます。
ビジネスなのでフォーマルさを保つ必要があります。
ビジネスシーンで相手を思っていたよりもお待たせしてしまって申し訳ないという時は以下のフレーズが使えます。

I am sorry to have kept you waiting.
(お待たせしてしまい、申し訳ございません)

I am sorry for the delayed response.
(返信が遅くなり申し訳ありません)

have kept you waitingは現在完了形で、「あなたを待たせ続けている」の意味です。
フォーマルな言い方なので丁寧さが際立ち、ビジネスの英語メールにぴったりですね。
toをforに置き換えて、I’m sorry for having kept you waitingとしても問題ありません。

エイゴスキー
エイゴスキー
どれもすごく礼儀正しい!

Thank you for your patience in waiting for my reply.
(返信をお待ちいただきまして、ありがとうございます)

I appreciate your patience.
(お待ちいただきまして、感謝しております)

上記2つは「お待たせいたしました」を謝罪ではなく、感謝の意味で表しています。
日本人同士のやりとりでは遅れが生じた場合、例えミスが無かったとしてもまずは謝罪から入ることが多いですよね。
しかし海外のビジネスでは、謝罪はミスをした場合にのみ行われるものと考えられています
そのため、こちらに非がなければThank youやI appreciateなどの感謝の意味を持つ表現を使うのが良いでしょう。

エイゴスキー
エイゴスキー
文化が違うから言葉の使い方も違うんだよね。たまに日本人はなんでそんなに謝るんだっていう人もいるよ

友人関係などプライベートな英語メールで表現

続いて、友人関係などのプライベートな関係で「お待たせしました」や「遅れてごめんなさい」を表現する方法を見ていきましょう。

Sorry for my late reply.
(返信遅れてごめん)

Sorry for not replying to you sooner.
(すぐに返信できなくてごめんね)

どちらもカジュアルな表現ですね。
上記フレーズの後ろに続けて、連絡が遅れてしまった理由を付け加えるとより良いかもしれません。

【例】Sorry for not replying to you sooner because I’ve been busy lately.
(すぐに返信できなくてごめん。最近忙しかったんだ)

また上記でも述べた通り、特別お待たせして謝りたいなどの事情が無ければThank youを使う方が相手も気分がいいです。

Thank you for waiting.
(お待たせ)

Thank youを使うべきかSorryを使うべきか

日本語のすみませんは英語のThank you, Sorryどちらにも該当するので使い時に迷う事もあるでしょう。
最近の筆者の体験だと購入したもので問い合わせたい事があり、メールしたところ返事は2日後にきましたが相手はThank youを使っていました

ちなみに似たようなことが日本の会社さん相手でもあり、相手はご案内が遅くなりましたことをお詫びいたします。ととても丁寧に謝罪されていました
待った日数は同じですが、こうも捉え方が違うのかと印象に残っています。

上記の体験から、英語では急ぎの要件なのに返事が遅れてしまったなどの明らかに返事が遅れることで相手に迷惑がかかるようなことでもなければThank youを使うのが適しているのではないかと思います。

エイゴスキー
エイゴスキー
こういう時に困らない為にも普段から相手がどんなシチュエーションでどんなフレーズを使うのか意識して観察することが英語力上達にも繋がるよ!

シーン別「おまたせしました」を英語のメールで表現まとめ

「お待たせしました」や「遅れてごめんなさい」は、ビジネスやプライベートで相手に返信が遅れてしまった時によく使われる言葉のひとつなのでぜひマスターしましょう!

また、ビジネスの英語メールではフォーマルにすることを意識しましょう。
こちらにミスがない場合は安易に謝罪をするのではなく、感謝のフレーズを使うことで「お待たせしました」を表現する点もポイントです。

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です