何級を受けるべき?英検各級のレベル目安をご紹介!

英検には1級から5級まで、準1,2含めて全部で7つのレベルがあります。
5級が一番簡単で、1級が一番難しいということを知っていても、今まで英検を受けたことがない人だと、自分がどの何級を受けるべきかわからないのではないでしょうか。

そこで今回は、自分が何級を受けるべきなのかいまいちわからない人向けに、英検各級のレベル目安をご紹介していきます。
これを参考にすれば、目指すべき級がわかるはずです。

エイゴスキー
エイゴスキー
これを参考にぜひ英検にチャレンジしてみよう!

英検各級のレベル目安

英検の公式ホームページでは、各級の難易度について簡単に説明がされているのですが、正直これを見てもよく分からないでしょう。

例えば5級の審査基準は

初歩的な英語を理解することができ、またそれを使って表現することができる。

と書かれています。

エイゴスキー
エイゴスキー
どれくらい初歩的なのか分からないよ

そこで各級に合格できる人が、具体的にどんな英語力を持っているのかを、ご説明していきます。

【5級・4級】

英検5級は中学1年生終了程度のレベルです。
挨拶や自己紹介、簡単な受け答えが理解できるレベルで、必要単語数は600語程度とされています。
文法も初級文法のみ理解できていれば問題ありません。

一方英検4級は中学2年生終了程度のレベルとされています。
必要単語数は1,200語以上で、5級とは語彙力の差がレベル差になっていると言っても過言ではありません。

どちらの級も試験はリーディング・リスニングのみで行われます。
希望者はスピーキングテストも受けられますが、合否には関わりがありません。
そのため、コミュニケーション能力は求められないのが、この2つの級です。

これらはどちらかというと低学年の子どもを対象にされてるかと思いますので今この記事を読んでるあなたにはあまり必要ないでしょう。
仮に取ってもさほどメリットはないかと思われます。

【3級】

3級は中学英語を終えたくらいのレベルです。
このレベルの英語が使いこなせるようになれば、日常英会話はシンプルなものであればなんとかなるというレベル。

必要語彙数も2,500語以上とぐっと上がります。
「複雑なことは表現しづらいものの、日常で使う会話は少しなんとかなる」というのがこのレベルです。

3級からはライティングとスピーキングのテストが増え、アウトプットの力も試されます。
また、これ以降の全レベルで、3級と同様にリーディング・ライティング・リスニング・スピーキングという4技能の問題が出ます。

中学・高校で英検を取るならこの級から挑戦し始める方が多いです。

エイゴスキー
エイゴスキー
ここがスタートラインみたいなものかな~

【準2級】

準2級は高校2年生レベルだとされています。
必要単語数は4,000語以上。
このレベルの英語が使いこなせるようになれば、ひとまず日常英会話は一通りなんとかなるでしょう。

ただしまだ仕事で使うには、語彙力も表現力も足りません。
TOEICでいうと、400点レベルです。

2級にいきなり挑戦するのは気が引けると思うのであればまずは準2級を挑戦してみてもいいかもしれませんね。

【2級】

2級は大学受験レベルとされていて、実際に大学受験を控えた受験生たちがよく受ける級です。
必要語数は5,700語以上。
TOEICでいうと520点程度です。

このレベルになると、少し踏み込んだ日常英会話が可能になります。
またビジネスの場でも、簡単な電話応対やメールの返信などが可能なレベルでしょう。

エイゴスキー
エイゴスキー
多くの大学受験を経験した人が通る道だね

【準1級】

準1級は難関大学レベルと言われています。
必要語数は7500語以上と、ぐっとアップし、難易度も2級とは比べ物になりません。
TOEICでは700点を超えるくらいのレベルです。

準1級レベルの英語力をしっかり使えるなら、ビジネスの場でも英語を使って活躍できるでしょう。
ここまでいくと、「英語上級者」と言えます。

今までの各級の間の難易度の差が一気に広がるので受ける際はしっかり準備をしておくべきでしょう。
準2級を飛ばして2級はあっても、準1級を飛ばして1級はなかなか難しいので1級を目指している場合でもまずは準1級を受けましょう。

【1級】

最難関の1級は、ネイティブとほぼ同じ環境でやり取りができる程度のレベルです。
このレベルになると、翻訳者や通訳者といった高度な英語を必要とする職業にも就けるようになります。
必要語数は10,000語以上、TOEICだと950点以上です。

2級から準1級もさることながら、準1級から1級の難易度の差も必要語数やTOEICでの目安で分かることでしょう。

ここまで取る方はよほど英語が好きか、難関大学もしくは外国語大学に進学する方が多い印象があります。

むしろそこまでの理由がなきゃ取ろうと思っても取れないよね

エイゴスキー
エイゴスキー
多くの大学受験を経験した人が通る道だね

ここまでの説明を読んでも、いまいちピンと来ない人は、まず英検公式ホームページにある過去問をのぞいてみましょう。
最初の方の語句穴埋め問題だけでも構いません。

3級

準2級

2級

準1級

1級

これらを見て、全然わからないと感じるなら、その級はあなたにとって難しいということです。逆に、半分くらいわかったなら、その級はあなたが挑戦するにふさわしいでしょう。
簡単だと感じるなら、1つ上の級をチェックしてみてください。

何級を受けるべき?英検各級のレベル目安をご紹介!まとめ

日常英会話がなんとかできる人なら、まずは準2級がおすすめです。
日常英会話をスラスラこなせるなら、2級をチェックしてみてください。

ビジネスの場でも英語を使えるなら、準1級に挑戦してみてもいいかもしれません。
現在の自分の英語力と過去問を見ながら、自分に最適なレベルを見極めてくださいね。

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です