仮定法過去と仮定法過去完了の用法を簡単解説!

「もし~なら」と、現実には起こりえない内容を表す表現が仮定法です。
仮定法は日本語に直訳すると現在形の内容でも、英文では過去形を使用するので日本人には少しややこしいかもしれません。

  • 「仮定法の作り方がよく分からない」
  • 「仮定法過去と仮定法過去完了の使い分けが出来ない」

などと悩みを抱えている方向けに今回は仮定法の基本的な考え方と仮定法過去、そして仮定法過去完了の用法について解説していきます。

エイゴスキー
エイゴスキー
仮定法はマスターすると日常会話でとても便利な文法だよ!

仮定法は現実に起こりえない内容を表現する

「もし~なら」と言っても、現実に起こりえる内容と起こりえない内容の2つがありますよね。
例文を見ていきましょう。

①If it rains tomorrow, I will not go out.
(もし明日が雨なら、私は外出しません)
②If I were you, I would go out.
(もし私が君なら、出かけるのになあ)

まず①の文は「明日雨が降れば」と、現実に起こりうる内容を表しています。
現実に起こりうる内容の場合は直接法と言って、ifを使っても動詞は英文通りの時制に合わせます。

一方の②の文は「私が君なら」と、現実には起こりえない内容です。
現実に起こりえない場合は仮定法を使い、時制を1つ前にずらすことで現実との距離感を表現します。

エイゴスキー
エイゴスキー
仮定法で時制が過去になるのにはそんな理由があったんだね

仮定法過去の用法

仮定法過去は現実には起こりえないことや、現在の事実に反する内容を表す時に使われます。
ifから始まる条件節には過去形を、その文節に続く主節にはwould、might、couldといった助動詞の過去形を使うのがポイントです。

条件節とは「もし~なら」に当たる文節のことでここではifから,(コンマ)までのことです。
そして条件節はあくまでも+情報に過ぎなく、本題にあたる主節が必要になります。
仮定法でのifから始まる条件節にwillがくることはありません。その為、If I will~, I will~.といった文は存在しません。文を作る際に間違われやすいポイントの一つです。
If I were a bird, I could fly to you.
(もし私が鳥なら、君の元へ飛んで行けるのに)
If I had a lot of money, I would buy a big house.
(もし私がたくさんお金を持っていたら、大きな家を買うのに)

条件節のbe動詞は、主語が彼や彼女であってもwereを用いるのが原則です。

It would be great if she were here.
(彼女がここにいたらよかったんだけど)

ただし口語ではwasも使わることがあります。

エイゴスキー
エイゴスキー
It would be great if she was here.

ちなみに主節とifから始まる条件節を逆の順で書いても意味は同じになりますが、その際,(コンマ)は必要ありません。

仮定法過去完了の用法

「もし~だったら」と、過去の事実に反する内容を表す際には仮定法過去完了が使われます。
ifから始まる条件節には仮定法過去完了を、条件節に続く主節にはwould、might、couldといった助動詞+have+過去分詞を使うのがポイントです。

If I had known you were coming, I would have baked a cake.
(君が来ることを知ってたらケーキ焼いたのに)
If you had been here with us, we could have enjoyed it.
(もし君が私たちとここにいたら、きっと楽しめたのに)

この文法はよく過去の出来事で後悔してることなどに使われる場合が多いです。
通常の過去完了形とは時制感覚が違いますので注意が必要ですね。

仮定法過去完了と仮定法過去のミックス形

仮定法過去には仮定法過去完了とミックスされた形があります。

If I had got married to you at that time, I would be happy now.
(もし私があの時あなたと結婚していたならば、今ごろ幸せなのに)

if節は「あの時結婚していたならば」と過去のことを表しているので仮定法過去完了を、主節は「今ごろは」と現在のことを表しているので仮定法過去を使用しています。

ただし、仮定法過去や仮定法過去完了が仮定法現在(直接法)とミックスすることはありません

✕ if I got married to you, I will be happy now.
(もし君と結婚できたら私は幸せになる)

日本語だとそこまで違和感がないかもしれませんが、if節でありえない前提で話しているのに主節で急にありえる話になってたらおかしいですよね。
間違えやすいので要注意です!

仮定法過去と仮定法過去完了の用法を簡単解説!まとめ

仮定法過去・仮定法過去完了は現実に起こりえない内容を表す表現です。
現実との距離感を表すために、時制を1つ前にずらして用います。
活用する際は

  • 現在のことを表現する場合→仮定法過去
  • 過去のことを表現する場合→仮定法過去完了

を使いましょう。

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です