TOEICと英検の違いとは?基本情報からテスト形式の違いを解説!

英語関連の検定では、TOEICと英検は特によく耳にする検定ですよね。そのためこの2つが似ているものだと思っている人もいるかもしれません。
しかしTOEICと英検はお互いに全く異なる検定なのです。

  • 「TOEICと英検ってどう違うの?」
  • 「私はどっちを受けるべき?」

などと考えてる方向けに今回はTOEICと英検の違いについて詳しくご説明していきます。
どちらか受験をしたいと思っている人は、これを参考にどちらにするか考えてみてくださいね。

エイゴスキー
エイゴスキー
日本で英語学習するならそのうち通る道だよね

TOEICと英検の運営者について

TOEICと英検は、運営者からして異なります。

TOEICは「国際コミュニケーション英語能力テスト(Test of English for International Communication)」という正式名称で、日本で知名度が高いテストですが実は運営はアメリカのETS(教育試験サービス)が行なっています
ちなみにTOEFLという海外の大学留学時に必要な検定も、同じETSが運営しています。

一方、英検は完全に日本人による日本人のための英語検定といったところです。
公益財団法人日本英語検定協会という団体が運営する、文部科学省に後援された英語検定で、正式名称は「実用英語技能検定」といいます。

日本で「英検」という場合は、この「実用英語技能検定」のことを言います。
基本的には日本人向けの検定なので、海外での認知度はあまり高くありません。ただし日本と関係の深い企業などなら、認知されているでしょう。また海外でも受験できる都市があります。

エイゴスキー
エイゴスキー
運営団体が日本とアメリカで違うからといって、どちらがより優れてるってわけではないよ!

合否やスコアについて

TOEICと英検の大きな違いは、合否についてでしょう。

TOEICには「合否」という概念はなく、スコア(10~990点)で成績が発表されます。
つまりどんな人でも成績が残る仕組みです。

一方、英検は【5級・4級・3級・準2級・2級・準1級・1級】という7つのレベルに分かれていて、合格・不合格があります。
合格しなければ成績が資格として残らないのがTOEICとの大きな違いとなります。

エイゴスキー
エイゴスキー
英検のほうが若干プレッシャー高くなっちゃうね

テスト形式の違いとは?

TOEICと英検は、テスト形式もかなり異なります。
そのテスト形式について、それぞれご説明していきます。

■TOEICはリスニングとリーディング問題

TOEICというと一般的にはリスニングとリーディングのテストのみのものを指します。
リスニングセクションとリーディングセクションに大きく問題が分かれており、それぞれの点数の合計がTOEICスコアとなります。

リスニング問題がパート1〜4、リーディング問題がパート5〜7と分かれていますが、リスニングが終わればすぐにリーディング問題に取りかかることになります。

2007年からは、「TOEIC Speaking & Writing Test」というスピーキングとライティングの技能を判定する検定も現れました。
これにより、従来のTOEICでは判定することのできなかった、アウトプットの技能も判定できるようになっています。
ただしこのテストはまた別に受験する必要があります。

エイゴスキー
エイゴスキー
リスニングとリーディングのみだと正しい英語力は測れないから受けるなら両方受けた方がいいよね

■英検はレベルが上がると4技能すべての問題が出る

英検は4級5級はリーディング・リスニング・スピーキングの3技能しかテストがありません。
しかし3級以上では、そこにライティングも追加されます。

3級以上では二次試験があり、一次試験に合格しなければ二次試験を受けることはできません
一次試験はリーディング・リスニング・ライティングの試験です。
二次試験は面接試験となり、スピーキングを含めたコミュニケーション能力を測る試験となっています。

エイゴスキー
エイゴスキー
日本人はとくにスピーキングが苦手な人が多いから面接対策はしっかりしないとね

受験料について

TOEIC・英検ともに少しずつ値上げが行われています。
ここでは2020年1月16日現在の最新情報を記載します。(さらに変更される可能性があるため常に最新情報はチェックしましょう)

理由は主に受験者増加が年々増加しているため、会場を増やしたり人件費、セキュリティ周りにかかる費用が増えるからだそうです。
TOEICと英検では価格帯が異なるため、公式が発表している図を元に解説していきます。

■TOEICの価格帯

TOEICはどのレベルの英語力でも受験料は同じです。
合否がスコアで発表されるので当たり前といえば当たり前ですが…

現在の価格は以下の図の【改正後の受験料】欄にあるものが適用されます。

引用:https://www.iibc-global.org/info/important/imp_13.html

ちなみに「リピート割引」というのは、すでに受けた方が一年後にまた受ける場合に適用される割引となっております。

エイゴスキー
エイゴスキー
毎年定期的に自分の実力を測りたい人にはもってこいの割引だね!

■英検の価格帯

それに対して、英検は級ごとに受験料が違います。
級が上がるごとに受験料も上がります。
現在の各級の受験料の変動は以下になります。

引用:eiken.or.jp/association/info/2020/pdf/20200115_info_eikenfees2020_1.pdf

2020年度からの変更なので4月からですね。
2020年1月の現在はまだ2019年度の検定料が適用されてる状態です。

TOEICに比べて、英検は1級を受けようものなら1万弱するじゃないかと思われるでしょうが、そもそもTOEICはリスニング&リーディングだけに対し、英検は4技能すべてを測るため、かかる経費も変わるので受験料も高くなるというわけです。

4技能測れて1万前後ならかなり安いもので、海外の英語試験では4技能測るのに2~3万するものもあります。

TOEICと英検の違いとは?基本情報からテスト形式の違いを解説!まとめ

今回はTOEICと英検の違いについて、大きな違いをピックアップしてご説明しましたが、この2つがかなり異なる検定だということがわかっていただけましたでしょうか。

どちらを受験するのかは、何を目的として英語の検定を受けたいのかにもよります。
自分の英語能力を知りたい、とにかく英語能力を証明できる何かが欲しいということなら、どちらか受験しやすい方を選ぶといいでしょう。

また、TOEICと英検のレベルや難易度、認知度験は面接試験となり、スピーキングを含めたコミュニケーション能力を測る試験となっています。

 

エイゴスキー
エイゴスキー
日本人はとくにスピーキングが苦手な人が多いから面接対策はしっかりしないとね

 

受験料について

TOEIC・英検ともに少しずつ値上げが行われています。

ここでは2020年1月16日現在の最新情報を記載します。(さらに変更される可能性があるため常に最新情報はチェックしましょう)

 

理由は主に受験者増加が年々増加しているため、会場を増やしたり人件費、セキュリティ周りにかかる費用が増えるからだそうです。

TOEICと英検では価格帯が異なるため、公式が発表している図を元に解説していきます。

 

■TOEICの価格帯

 

TOEICはどのレベルの英語力でも受験料は同じです。

合否がスコアで発表されるので当たり前といえば当たり前ですが…

 

現在の価格は以下の図の【改正後の受験料】欄にあるものが適用されます。

 

引用:https://www.iibc-global.org/info/important/imp_13.html

ちなみに「リピート割引」というのは、すでに受けた方が一年後にまた受ける場合に適用される割引となっております。

 

エイゴスキー
エイゴスキー
毎年定期的に自分の実力を測りたい人にはもってこいの割引だね!

 

■英検の価格帯

 

それに対して、英検は級ごとに受験料が違います。

級が上がるごとに受験料も上がります。

現在の各級の受験料の変動は以下になります。

 

引用:eiken.or.jp/association/info/2020/pdf/20200115_info_eikenfees2020_1.pdf

2020年度からの変更なので4月からですね。

2020年1月の現在はまだ2019年度の検定料が適用されてる状態です。

 

TOEICに比べて、英検は1級を受けようものなら1万弱するじゃないかと思われるでしょうが、そもそもTOEICはリスニング&リーディングだけに対し、英検は4技能すべてを測るため、かかる経費も変わるので受験料も高くなるというわけです。

 

4技能測れて1万前後ならかなり安いもので、海外の英語試験では4技能測るのに2~3万するものもあります。

 

TOEICと英検の違いとは?基本情報からテスト形式の違いを解説!まとめ

今回はTOEICと英検の違いについて、大きな違いをピックアップしてご説明しましたが、この2つがかなり異なる検定だということがわかっていただけましたでしょうか。

 

どちらを受験するのかは、何を目的として英語の検定を受けたいのかにもよります。

自分の英語能力を知りたい、とにかく英語能力を証明できる何かが欲しいということなら、どちらか受験しやすい方を選ぶといいでしょう。

また、TOEICと英検のレベルや難易度、認知度の違いについて比較してる記事もありますので合わせてご参考ください。

TOEICと英検のレベルを徹底比較!英検〇級はTOEICで何点?

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です