【日常英会話】挨拶時に使う頻出フレーズをシーン別に一挙紹介

日常英会話を身に付けるためには、英単語や英文法の学習は欠かせません。
単語と文法を元にして初めて、英語の文章を作ることができるからです。
それでもまずは挨拶だけでも出来るようになっておきたいですよね。

  • 「How are you? しか知らないんだけど他の挨拶も学びたい」
  • 「ネイティブみたいに自然な挨拶ができるようになりたい」

と思ってる方向けに今回は日常英会話で挨拶時に使う頻出のフレーズをシーン別に紹介します。

エイゴスキー
エイゴスキー
ここで紹介される挨拶フレーズは実際に海外に行った経験に基づいてるからどれも現地でよく使われるものばかりだよ!

知り合いに出会う場面で使える英会話頻出フレーズ

まずは知り合いに出会う場面で使える頻出フレーズです。
最も簡単に使えるのが、学校でも習った定番のHow are you?(調子はどう?)ですね。
しかしHow are you?以外のフレーズを覚えると、バリエーションが豊かになります。

How’s it going?(調子どう?)

How are you doing?(調子どう?)

What’s up?(調子どう?)

What are you up to?(何してる?)

といった挨拶がよく使われます。
ちなみにこれらへの返答は上2つと下2つで変わってきます
最初はそこまで意識が回らないかもしれませんが慣れてきたらぜひ使い分けてみましょう。

How’s it going?/How are you doing? に対しては次のようなフレーズを使うと違和感がありませんね。

I’m good.
(いいよ)

Not bad.
(悪くないかな)

Couldn’t be better.
(最高な気分さ)

I’m goodは特に考えることなく使えるので、おすすめです。
Couldn’t be better.では本来なら省略しないと習ってきたItという主語が省略されています。
正しい表現ではありませんが、ネイティブは主語がハッキリしてる時は省略して言う事があります

What’s up?/What are you up to? ではより近況を聞かれているので、とくにめぼしい伝えたいニュースなどが無けれ「まぁまぁ」という意味合いで以下がよく使われます。

Nothing special.
(特別なことはなにも)

Not much.
(まぁまぁかな)

How are you?への返答は、学校英語ではI’m fine, thank you. And you?と教えられていますが、実際の日常会話ではあまり使いません。
I’m fine, thanksとだけ返すことはありますが、and you? といった聞き返し方をする方はあまりいません

and you? の代わりに以下のフレーズを使うのが自然です。

yourself?(あなたは?)

How about you?(あなたは?)

では具体的にみんなどんな風に挨拶をかわすのか⇩

A: How’s it going?

B: I’m good, thanks. Yourself?

A: Not bad, thanks.

といったような会話が英語圏では自然な挨拶です。

エイゴスキー
エイゴスキー
学校で散々習った表現はあまり使われないってびっくりだよね

久しぶりに人と会った時に使える頻出フレーズ

続いては、久しぶりに友人や知人などに会った時に使えるフレーズです。

I haven’t seen you for a while.
(しばらく会わなかったね)

It’s been a long time since we met last.
(最後に会ってから、時間が経ったね)

いずれも「久しぶりだね」のニュアンスで使えるフレーズです。

Long time no see.
(長い間会わなかったね)

こちらも同じニュアンスですが、上記の2つと比べるとカジュアルです。
親しい間柄でのみ使うようにしましょう。

また、How are you? の時制を変えて

How have you been?
(どうしてた?)

というのもも久しぶりの相手によく使う挨拶の一つです。

別れ際に感謝を述べる頻出フレーズ

友人や知人と会った後、別れ際に感謝の気持ちを伝えるフレーズです。
一言付け加えるだけで、相手からの印象が何倍もアップしますよ。

Nice talking to you.
(あなたと話せて良かったよ)

Nice seeing you.
(あなたに会えて良かったよ)

I enjoy talking to you.
(あなたと話せて良かった)

Keep in touch.
(連絡取り合おうね)

別れる際は

See you(またね)

これに+して See you soon/See you later というのもよく使われます。
上記はすぐあとでまた会うといったニュアンスがありますが、すぐ会う予定がなくても使う人もいます。

Take care(元気で)

Good luck(幸運を祈る)

なども使えますね。
実はGood byeはあまり使いません。(Byeとひとことだけいう事はありますが)
ニュアンスとして「もう会えなくなる」という、寂し気な意味が含まれているためです。

【日常英会話】挨拶時に使う頻出フレーズをシーン別に一挙紹介まとめ

日常英会話をマスターするためには、英単語や英文法の学習は必須です。
それでも誰かと出会うごとに使うことになるであろう挨拶フレーズはいち早くマスターしておきたいものですよね。

日本で習うフレーズにはあまり英会話では自然ではないものもあるのでこれを機にここに書いてある内容を参考にして頂いて自然な挨拶を英語でできるようになりましょう!

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です