英語で2/3言えますか?数詞の読み方・書き方解説

数詞とは数をあらわす形容詞全般をさします。
one, two, treeなどは誰でも言えますよね。
英数字を知識としては知っていても、25,000を一体どうやって読めばよいのか、2倍をどうやって表現したらよいのか、など日常でよく使う数字に関する表現でも英語だと意外と知られていないことがあります。

  • 「数字に関する英語の読み方・書き方を知りたい」
  • 「日常生活でよく使う3倍、2/3などを言えるようになりたい」

という方向けにここでは、良く使用する数詞についてその使い方や読み方を解説していきます。

エイゴスキー
エイゴスキー
数字はどんな事にも関わってくるから言えない・書けないものはこれを機にマスターしちゃおう!

一般的な数詞の読み方

◇単純な1、3、10のような数字は基数詞とよばれています。
4 four
7 seven
11 eleven
12 twelve

エイゴスキー
エイゴスキー
ここらへんは誰でも言えるよね~

◇13以降からは【teen】がつきます
13 thirteen
14 fourteen
17 seventeen

◇20、30,40、50,60といった10の倍数では【ty】がつきます
20 twenty
22 twenty-two

30 thirty
33 thirty-three

エイゴスキー
エイゴスキー
発音する時はteenは伸ばして、tyは伸ばさない、を意識すると間違われにくいよ!

◇100 を超えると「hundred」の後に「and」を続けることが一般的
ただし、略されることも多いです。
151 one hundred (and) fifty-one

◇1000以上の大きな数字になると…
100桁ごとにコンマをつけ、その区切りごとに thousand ( 1 千 )、million ( 100 万 ) 、billion(10億)、と単位を付けていきます。
例:754,857,934
読み方:Seven hundred fifty-four million, eight hundred fifty-seven thousand, nine hundred thirty‐four

エイゴスキー
エイゴスキー
日本語の区切りの付け方とはまったく違うから注意が必要だけどコンマを基準に考えればOK!

〜番目を表現する「序数詞」

◇序数詞は〜番目を表現するときの数詞
1st first
2nd second
3rd third

◇4以降はthがつきます
5th fifth
6th sixth
12th twelfth

◇20以降で1,2,3がつく番号はfirst, second, third
21st twenty-first
32nd thirty-second

エイゴスキー
エイゴスキー
日付なんかはこの書き方&言い方だね!

〜倍を表現する「倍数詞」

2倍・・・twice、two times、double、twofold
3倍・・・three times、triple、threefold
4倍・・・four times、quadruple、fourfold

例:She earns three times as much as me.
(彼女は私の3倍稼ぐ)

ちなみにtimesは掛け算の表現にも使えます。
例:5×3=15
読み方:Five times three is(equals) fifteen.

○/○をどうやって表現する?分数

上の分子を基数・下の分母を序数で読むことがルールになります。
1/3・・・one third、a third
2/5・・・two fifths
1と2/3・・・one and two thirds

ここで注意が必要なのが分子が1つまりoneの時、分母に s はつきません
しかし2以上の時には分母に s がつきます
また、読み方もone threeなどと言ってしまう方もいますが、分母は序数詞の読み方になります。

エイゴスキー
エイゴスキー
s は忘れられやすいから気を付けなきゃね!

日常でよく使う%、℃の読み方

数字の読み方は基数詞を使い、小数点以下はpointをつけます。
それぞれ記号の読み方は%=percent, ℃=degreeとなります。
25% twenty-five percent
2.5% two point five percent

25℃ twenty-five degrees
2.5℃ two point five degrees

ここでポイントとなるのが%は複数でもpercentですが、℃ は1℃ の場合は one degreeとなり、それ以降の複数には s がつきます

エイゴスキー
エイゴスキー
マイナスだったらminus 5 degreesって言えるね!寒すぎっ

英語で2/3言えますか?数詞の読み方・書き方解説まとめ

数字は私たちの身の回りに常に関わってくるものですが、意外と書き方や読み方のルールをしっかり把握出来ていない方は多いです。
とくに単位によって1とそれ以外で s がつくかどうかが変わるものは注意が必要です。
上記で紹介したルールをしっかり把握してたくさん口に出して、数字を扱う時につっかかることがないように練習しておきましょう。

エイゴスキー
エイゴスキー
とくに15なの?50なの?といった発音による勘違いで大きなミスを招いたら大変だからね

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です