あーちゃんのオーストラリアでの恋愛体験談

海外に行くと誰でも一度は意識する恋愛事情。
外国人彼氏に憧れがあったのは私も例外ではありませんでした。
ここでは私がオーストラリアに留学してる時にできた、10歳年上のAlex(アレックス)との恋バナを書いていきます。

あーちゃん
あーちゃん
ちょっと照れくさいね

プロローグ:遠距離による元カレとの破局

アレックスと出会う前、私には遠距離恋愛中の彼氏がいました。
付き合って一年後にオーストラリアへ留学したわけですが、やはり遠距離恋愛というのは難しくて…

留学してすぐの頃は毎晩電話したりして留学に対する不安も解消してくれてたとてもステキな彼氏さんでした。
ステキすぎて私が遠距離でいることに耐え切れず、別れを告げてしまいました

それは彼も同じだったようで、お互い好きなままで円満に(号泣しながら)別れました。

あーちゃん
あーちゃん
今ではいい友達になったよ!

アレックスと出会ったのは留学して半年後

そんなこんなで元カレをわりと引きずっていたのですが、バーで友達と飲んでいる時に後に彼氏となるアレックスと出会いました
分かりやすく言えばナンパされたと言うんでしょうか…

オーストラリアではわりと気軽に話しかけられるのでそこまでじゃないかもしれません。
彼はダーツを一緒やってくれる相手を探していました。
個人的にダーツは趣味の一つと言っていいほど好きだったので喜んで誘いを受けて、一緒にプレイしました。

留学して半年の頃はようやくネイティブの言う事が6~7割は分かるレベルだったのですが、アレックスがとてもやさしい英語を使ってくれたおかげで素直に楽しめました

そこで連絡先を交換し、たまにデートに誘ってくれるので二人で出かけるようになりました。
彼は海が好きな方だったのでお出かけはよく海沿いを散歩したり、週末に開かれる市場をぶらぶらしたり、映画見に行ったりしましたね~

あーちゃん
あーちゃん
あら、平和!

「宇宙人だと思って接した方がいいよ」!?

とくに何かアレックスのことで悩み事があったわけではないですが、初めて外国人の異性とちょっと良い感じになったので誰かに相談したいと思いました。
当時、知り合いにオージーの彼氏を持つ日本人友達が3人ほどいたため、アドバイスをもらおうと相談してみたら全員に口を揃えて

宇宙人だと思って接した方がいいよ
と言われました…。

アレックスはとてもいい方だったので正直言っている意味はまったく分かりませんでした。
彼女たち曰く、育ってきた文化が違うから考え方がまったく違うんだそうで。

日本人だったら当たり前だと思うことでも彼らにとっては違うから苦労するよ、と。

あーちゃん
あーちゃん
うーん、分かるような分からないような

確かに考え方の違いはあるかもしれないけどそれは日本人も同じな訳で。
オージーでも私にとって宇宙人みたいな人もいれば、私の考え方に合う人もいるだろうとそのアドバイスはあまり参考にしませんでした。

ただ、オーストラリアにきてからは日本の当たり前は全く当たり前じゃないということは身をもって学びました…

それにしても、宇宙人だと思って接した方がいいよって言う割には一人は婚約してるし、あと二人は付き合って一年以上経つんですがね!

オージー彼氏はお付き合いのスタートが分かりづらい

出会ってから3カ月ほどでお付き合いがスタートしたんですが、最初がめっちゃ分かりづらかったです。
これが普通なのかどうかは分かりませんが…

これといって付き合って欲しいとはっきり言われたわけではなく、ずっとI like you.って言われ続けて、私も!とは答えていたんですがこれは付き合っていることになるのか?と自分の中でハテナを浮かべる事もありました。

恋愛感情としての好きならI love you.を想像するでしょうが、最初の頃はlikeでも恋愛感情としての好きという意味になります。
あーちゃん
あーちゃん
ほんとに深く愛している場合だったらI love you.かな!

白黒ハッキリさせたい性格の私はついに

Are you my boyfriend now?
(今、あなたは私の彼氏?)

と質問してみたら、

If you want me to be.
(君が僕にそう望むなら)

みたいな返事が返ってきて、「え、じゃあ今までは違ったの!?」と心の中で突っ込んだことを覚えています。

こうして正式にお付き合いがスタートしました。

全部載せるわけにはいかないんですがアレックスの雰囲気はこんなん⇩

アレックスとの日常

正式に付き合うことになってからもとくに付き合う前と何か変わることはありませんでした。
週に一度くらい会って二人で時間を共に過ごす日々。

海沿い散歩したり、家で映画見たり、彼は絵を描くのが趣味だったので一緒に何か描いてみたり。
写真を撮っておけばよかったとちょっと後悔してます…

2018年の年越しも一緒に過ごしたんですが、さすが地元民だけあってシドニー名物の新年花火が見れる隠れスポットを知っていて、あまり混雑してない環境で新年の花火を見れました

アレックスは私が英語学習者であることをよく理解してくれていて、たくさん新しいことを教えてくれました。
アメリカの有名なコメディアンや、日本をパロディにしたお笑い、時にはオーストラリアで起きたシリアルキラーについても…。

当時のインスタの投稿がありました⇩

そういうやさしい一面をたくさんみてより好きになっていきました

言葉の壁によるフラストレーション

ただ、好きになればなるほど言葉の壁を大きく感じていきました。
彼のことをちゃんと知りたいのに、ちゃんと理解できない自分

自分が思ってることをちゃんと伝えたいのに、正しく伝えられない自分にどんどんフラストレーションが溜まっていきました。
彼はそんなに気にする事ないよとは言ってくれましたが、自分ではその感情をコントロールできませんでした。

今思えば、その悔しさも英語上達に貢献してくれていたんだなと感謝しているくらいですが当時の私にはそんなことを考える余裕はありませんでした。

このままでは八つ当たりしてしまうと思った私は無意識のうちにアレックスと距離をとるようになり、会う頻度が減っていきました。

二人の結末

付き合って5カ月目くらいで私の試験やその後の旅行、彼の仕事の繁忙期が重なり、一ヵ月会わない&連絡もしないという状況になり、「自然消滅」という言葉が頭をよぎりました。

すぐに連絡すれば済む話だったのですが、当時の私はアレックスと話す事で自分の英語力の低さを思い知らされるのが嫌で避けていました。

あーちゃん
あーちゃん
バカとしか言いようがないね!

一ヵ月後にアレックスから連絡はありましたがその頃には二人の熱は冷めてしまっていて、結局お別れしました。

ハッピーエンドとはいかないものの、今でもアレックスは本当にやさしいと思いますし、「私のオージーの元カレはすごくステキな人だったよ」と自信をもって言えます。

あーちゃん
あーちゃん
というか言ってるね!

大きな言葉の壁があったにも関わらず、私に付き合ってくれていろんなことを教えてくれたアレックスには本当に感謝しています

あーちゃんの海外での恋愛体験談まとめ

海外に出れば一度は憧れる外国人の恋人ですが、言葉の壁や文化の違いで関係性を保つことが難しい時もあります。

時にはそれが良い方に影響して、彼の悪い面を知らないで済むということもありますが、ちゃんと相手を知りたいのに分かり合えないのはすごくもどかしいことです。

愛の力があればそんなことは小さい障害にすぎないかもしれませんが当時の私は自分への劣等感に包まれてしまってちゃんと相手に頼ることも、考えることも出来ませんでした。

ただそういったことを経験したからこそ、よりしっかり語学力を身につけようという気になれました

また、次いい出会いがあればその時はしっかり相手と向き合って、足りない部分はちゃんと相手に助けて貰いながら成長すればいいということも学びました。

あーちゃん
あーちゃん
次があれば、ね…

別れは寂しいものですが、総合的に考えるといい経験できたなと思います。

エイゴスキー無料LINEマガジンを購読して英語をペラペラに!

海外に友達を作りたい!

海外旅行でオドオドしないで喋りたい!

英語を覚えて世界を広げたい!

エイゴスキー
エイゴスキー
エイゴを喋りたい人はまず登録してみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1年前まで英語大嫌い人間だったけど1年本気で勉強して、今ではネイティブとでも会話できるようになったから1年前の自分と同じような方のサポートをしたくて英語勉強に関する配信を行っている女の子。フォロワー数1万人を超える人気ツイッターを運営中(プロフィール下のボタン)。